今日もぶどう池

カテゴリ:
二日続けて外出しました


昨日のリベンジ!



と意気込んで出かけたのですが・・・



一脚忘れとる(--;)



メモリーカード入っとらん(--;)



仕切りなおして、10時半に入山(山じゃないです--;)



メジロちゃんスポット目指すも・・・



草刈り機がブンブン!!!




というわけで、場所を変えて



逆光でわからん。どなた?(--;)
 DSC_0382




















えーと・・・ヒヨドリさん?
DSC_0383





















ムクドリさんかしら?
DSC_0385





















えーと・・・メジロちゃんぽい?(--;)
DSC_0386
















でも目の周りが・・・見えん(--;)




ピント合わせるのも難しい(T_T)
DSC_0388





















ちょっと休憩。気を取りなおして


いきなりキジバト
DSC_0392
















後姿しか撮れず・・・





これはまずまずのヒヨドリ
DSC_0402




















この後、目の前をバンバン飛んでくれたのですが・・・




カメラに収まったのはこのハシボソガラスさんだけ(しかもブレとる)
DSC_0406




















また出直します!



自然の中は気持ち良かったので満足ですよ(^^)







外に出て

「外に出て季節を感じましょう」ということで

にわかバードウォッチャー(?)に変身して、カメラ片手に出かけてきました。





しかし





惨憺たる結果に…(--;)



 「声はすれど姿は見えぬ」そのまんまでしたわ(--;)

考えが甘かった(--;)







かろうじて



セグロセキレイ
DSC_0358


















もういっちょ
DSC_0359





















すずめ
DSC_0379


















スズメは帰る間際の駐車場ですよ(--;)





全然撮れなくて、やけくそで撮った蝶
DSC_0370




















明日こそリベンジ



場所は広島大学のぶどう池周辺です。
天気が良ければ明日もこのあたりに居るかも
DSC_0357





カテゴリ:
ブログネタ
「ら抜き言葉」って、そんなにいけないことですか? に参加中!

「言葉は変わっていくものですから…」
某紙の 社説で「誤用ではないか」と思う文言が使われていたので、問い合わせたときの新聞社の返答がこれ。

まあ確かに言葉は使い方も意味も時代とともに変わりますよね。
古代や中世とは明らかに違うだろうし、明治~昭和初期の使い方と違うところも多いでしょう。

「ら抜き言葉」は会話の中では一般化していると思います。
実際に私も使っているでしょう。自覚はないですけど。
話し言葉としては悪くないと思います。

面接官が「ら抜き言葉」を気に入らなかったのは、お気の毒様としか言いようがないですが
「受け身か尊敬か可能かわからない」
っていう理屈は残念ですね。主語述語や前後の文脈で理解できますから。
日本語は、文脈で言葉の意味を理解するのが当たり前ですよね。

話し言葉と違って「書く言葉」は「ら」が必要だと思います。
理由は「残るもの」だからです。
「見れる」が一般化しても正式には「見られる」ですよね。
文書や記事などで文言が残る場合の誤用は恥ずかしいです。

面接のように話す内容にある程度の予想がつく場合は、自分の考えをまとめて文章に落とし込んでみれば「ら抜き言葉」のリスクも減るかもしれませんよ。





このページのトップヘ

見出し画像
×