カテゴリ:
ブログネタ
「ら抜き言葉」って、そんなにいけないことですか? に参加中!

「言葉は変わっていくものですから…」
某紙の 社説で「誤用ではないか」と思う文言が使われていたので、問い合わせたときの新聞社の返答がこれ。

まあ確かに言葉は使い方も意味も時代とともに変わりますよね。
古代や中世とは明らかに違うだろうし、明治~昭和初期の使い方と違うところも多いでしょう。

「ら抜き言葉」は会話の中では一般化していると思います。
実際に私も使っているでしょう。自覚はないですけど。
話し言葉としては悪くないと思います。

面接官が「ら抜き言葉」を気に入らなかったのは、お気の毒様としか言いようがないですが
「受け身か尊敬か可能かわからない」
っていう理屈は残念ですね。主語述語や前後の文脈で理解できますから。
日本語は、文脈で言葉の意味を理解するのが当たり前ですよね。

話し言葉と違って「書く言葉」は「ら」が必要だと思います。
理由は「残るもの」だからです。
「見れる」が一般化しても正式には「見られる」ですよね。
文書や記事などで文言が残る場合の誤用は恥ずかしいです。

面接のように話す内容にある程度の予想がつく場合は、自分の考えをまとめて文章に落とし込んでみれば「ら抜き言葉」のリスクも減るかもしれませんよ。





カテゴリ:
ずっと放置していても、訪ねてこられる方がいらっしゃるのですね

ありがとうございます

こことは別のブログはかれこれ2年以上放置しているのですが、

訪問者がこの一年でも1万近くありまして…

政治・メディア系ブログって怖いですね(><)



さて


久しぶりにエントリーです

元来、ものを書くのは好きなので

コピーライター的な仕事をしていたり、

もちろん大半は制作料の中にぶっこみで金額に表れないんですが


書く機会が減ると文章力も落ちてくるので

こういったブログをもっと大切にしなきゃいかんなぁ…

と思います。


今日は地元YEGの委員会でこの後会議ですが

会議の後にゴルフ打ちっぱなしのお誘いを受けたので

ストレス解消にブン回してこようかと…(^ω^;)


Facebookでは公表してますけど、「原稿屋」サービスを始めました。

初仕事の動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=gnqjIAUcOhc&feature=g-crec-u

取材、ディレクション、原稿リライト、校正、プレゼンデータ作成です

講演者も素晴らしかったですね



年頭所信とか、会長挨拶とか、趣意書とか

文章を正しく、美しく、思いが伝わるようにしたい!

という時にお声かけください。

 
正月以来、ブログ放置・・・(´・ω:;.:...


ホームページも昨年からずっと放置していました('д` ;)


しかしええ加減「紺屋の白袴」じゃイカンだろうと気づき( ゚д゚)ハッ!


HPは少しコンテンツ追加しました(*´ω`*)
http://www.b-kikaku.jp/



何せ21日には「IT活用」のテーマで20分ほど講演するので・・・

講師のHPがやっつけなのはマズイです(><)


ぶるぼん企画室のことをもう少し知っていただくために、

このブログもサボらず頑張らねば!!!

このページのトップヘ

見出し画像
×