カテゴリ:
 
昨年6月から、今年の4月まで動画コンテンツの配信に携わっていました。契約上の理由で継続できなくなりましたが、貴重な気付きを得られました。

動画も文章と同じく、全体の構成ができていれば面白いのだと。 

予算の都合上、事前の打ち合わせはできませんでした。撮影現場で流れを決め、ロケ先の担当者にお伝えし、演じてもらう。こちら側もタレントを用意できませんので、私が出演しました。逆にこれが良かったようです。ディレクター(私)の意図を100%理解しているわけですから、私の望んだとおりのパフォーマンスをするわけですね。撮り直しのほとんどない、短時間のロケで見ごたえのある動画を作るとこが出来ました。

反省材料もあります。自分がアクトすることで思い入れが強くなり 、編集時にカットできないシーンが増えました。当初は2~3分で仕上げていたのですが、気付けば5分オーバー。長いものは7分超えなんてものもありました。3分を超えると再生回数が厳しくなります。私も長い動画には抵抗があります。

現在も動画コンテンツの制作に関わっていますが、3分を意識して編集しています。そう言いながらいつも3分を超えてしまっています。現場合わせからの編集だと、ロスも多いですね。そろそろシナリオが必要かしれません。

過去のシリーズものは以下のリンクよりご覧いただけます。
機材:まさかのコンデジ(!)+時々ICレコーダーです。

ランチの達人 (←クリック)

最低限の機材さえあれば、あとは構成と出演者次第ですね。